記事詳細ページ

大豆の笑 きぬ

大豆の笑 きぬ:画像

まじめにまじめに作ったら、
とってもユニークな絹ごし豆腐ができました。



1)まじめどうふ

 手間暇をかけた昔ながらの製法で作りました。
 一番のポイントは、《豆乳を凝固させる工程》にあります。

 効率がよくて数多く作れる方法ではなく、
 職人の手を使い、長年の技術が要するといわれている「高温凝固」を採用しています。
 この昔ながらの高温凝固は低温凝固よりもコクと甘みがでます。

 高温(約70℃前後)で豆乳とにがりをあわせ、一気に攪拌し固めますが、
 凝固の反応速度が速いため、いわゆる豆腐職人の技です。


2)ユニークな食感

 この新しい食感を上手に例える言葉が見つかりません。
 普段食べているツルツルした絹ごし豆腐を想像して食べた方は、
 驚いてしまうかもしれません。
 舌によく絡むので、接着する面積が広い分、通常の豆腐よりも味を強く感じます。


3)食べ方のコツ?

 豆腐本来の味を味わいたい方は、
 醤油ではなく少量のお塩で食べるのがオススメです。


〈商品名〉
 大豆の笑(まめのほほえみ)きぬ

〈名称〉
 きぬとうふ

〈原材料〉
 大豆(カナダまたはアメリカ・遺伝子組み換えでない)
 豆腐用凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム・硫酸カルシウム)

〈内容量〉
 400g

〈保存方法〉
 要冷蔵(5℃〜10℃)


「大豆の笑(まめのほほえみ)きぬ」ツインパック

2020.02.01:[商品紹介/住吉屋の豆腐]
株式会社 住吉屋食品:画像

株式会社 住吉屋食品

◆会社商号 株式会社 住吉屋食品◆代表取締役社長 住吉 克久◆経営理念..

Access 1,655,694pv (2007.09.12〜) Today 205pv Yesterday 244pv Contents 143pages